Tuesday, May 2, 2017

Calendar of May


5/3-7 G.W 通常営業 ※事前予約優先にて
5/13(土)HUMMOCK Cafeにて15周年記念演奏会
JAKOB BRO SOLO / KAZUMA FUJIMOTO×MASAKI HAYASHI
※5/14(日)営業時間変更させていただきます【14:00~19:00 カフェ・ケーキメニューにて】
5/15(月)12:00から通常営業
5/21(日)〈しそう森のバザール〉にコーヒー出張営業
5/22(月)12:00から通常営業


『穏やかな空間で食と音楽をたのしむ店』ご予約優先
【HUMMOCK Cafe】
Morning 9:00~12:00 (L.O.11:00)
Afternoon 12:00~15:00 (L.O.14:00)
15時~16時準備Close
Evening 16:00~19:00 (L.O.18:00)
兵庫県姫路市的形町的形 磯1864
TEL 079-254-1400

Monday, May 1, 2017

Sound of May

今日から5月。
「大切なものは目には見えない」というフレーズはご存じな方も多いかもしれませんね(フランスのアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作『星の王子様』から)。自分たち大人はいつからか、物事を数字や見た目で価値や評価をしてしまうことや、表面的な言葉に惑わされて不安に駆られたりすることがあるように思います。その見た目の裏側に培われた時間や苦楽を通じて育んできた人との絆など、挙げればたくさんありますが、そんな目に見えないものや、言葉よりも関わる方々の本質的な部分に想いを馳せてみることで、見え方や扱い方や感じ方により深く気持ちがこもり、心に積み重なっていくのかなと、気付かされます。

そんなことを思うG.Wの中休み。
今年になって演奏会にご出演いただいた、内田輝さん、Fábio Caramuruさん、そして今月開催にご出演予定のJakob Broさん、藤本一馬さんと林正樹さんの音楽から共通する美しい一面を感じながら綴っています。
彼らの楽器はソプラノサックスやクラヴィコード、ピアノ、そしてエレクトリックギターとアコースティックギターというもので、一音一音のなかに漂う”間”には、”ゆらぎ”や”うねり”のような音の波動が漂い、自ら感じ取っていくことによって空間や環境に呼応した独特ののびやかな美しい音楽と感じます。

これまでを振り返りながら、ニ週間をきった次の演奏会5/13(土)の音楽家についてあらためてご紹介いたします。

Jakob Bro/ヤコブ・ブロ
インタヴュー(取材・文 / 柳樂光隆 / 2017年3月 / CD Journalサイトにて)
少し長いと感じるかもしれませんが、作曲や演奏への探求心とチャーミングな一面も垣間見れる内容です。

○参考ライヴ映像



○音楽の間を聴くクワイエットミュージック入門 藤本一馬×林正樹
インタヴュー(文 / 金子厚武 / 2016年4月 / CINRA.NETサイトにて)
2017.5.13.sat
JAKOB BRO SOLO / KAZUMA FUJIMOTO×MASAKI HAYASHI
【Bro / Kazuma / Masaki】Japan Tour 2017 in Himeji
http://hummock.blogspot.jp/2017/04/2017513satjakob-bro-solo-kazuma.html
演奏会にて、音楽家と空間から目に見えない大切な何かを感じとってみてはいかがでしょう。ただいまメールと電話にてご予約受付中です。

月刊ジャズ情報誌「WAY OUT WEST 5月号」に、案内情報を掲載していただいています。店内に毎号設置していますので、どうぞご覧くださいませ。

【Bro / Kazuma / Masaki】Japan Tour 2017
ヤコブ・ブロ(e-g) / 藤本一馬(a-g) / 林 正樹(p)
2017年5月12日(金)

2017年5月13日(土)

2017年5月15日(月)