Thursday, January 26, 2012

NEW コンサート予約状況と、ヘニング・シュミート記事 紹介

ご予約いただいたお客様ありがとうございます!


<2月3日現在の予約状況>


●2/5(日)吉田慶子&笹子重治DUOコンサート
 ほぼ満席です。残席僅かとなりました!

●2/6(月)ヘニング・シュミート・コンサート
 ほぼ満席です。残席僅かとなりました!


満席になり次第受付終了となります。


※winterconcertの2日間のみランチ・カフェ・ディナー通常営業はありません。



***************************

マガジンハウス『dacapo WEB MAGAZINE』にて
ヘニング・シュミートさんが紹介されています。
本当に今回の来日コンサートは見逃せないです。
ハンモックカフェ以外でも全国11公演ありますので
お近の会場へ是非、足を運んでみて下さい。
(鎌倉・奈良公演はすでにSOLD OUT)
きっと素晴らしい体験になるはずです。

ご検討いただいている方も是非ともご覧下さいませ~

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ベルリンのピアニスト、ヘニング・シュミート来日に寄せて。

***************************

お気をつけてお越し下さいませ。

Wednesday, January 25, 2012

Coast Landscape of MATOGATA


潮の香りをとじ込めた的形からの絵葉書

先日、画家 甲本喜胤さんが教授としても勤務している神戸芸術工科大学・ギャラリーセレンディップの“的形展“へ行ってきました。的形の季節風景を7年間に渡り描いた素晴らしい作品集。水彩画を基本にボール紙の色合いをそのまま砂に見せたり、和紙を使ったやわらかな絵の風合い、季節感と時間を感じる紫の濃淡など、的形の魅力を描写した今までにない絵に、改めてハンモックカフェのある的形を客観的に観れて愛しく感じました。そして、会場のみで販売されていた甲本さんオリジナル的形風景のポストカードの販売をさせていただけることになりました。
友人への手紙や贈り物、的形土産に。素朴ながらも深みがあり素敵です。

●「的形」~塩田跡と水門と古いドッグの街~

 甲本喜胤(こうもとよしつぐ)水彩絵葉書 15枚入り 500円(税込)


Tuesday, January 24, 2012

Pastel de chocolate con naranja


この季節には、HUMMOCK Cafe からほど近い山際に無農薬の大玉のみかんが実ります。品種改良されていないので、そのまま食べるよりはほのかな酸味と苦みがアクセントになったマーマレードを毎年作っています。
今年は、その自家製マーマレードにコーヒー豆(挽いて粉にしたもの)とチョコレートを混ぜ合わせた「的形みかん・チョコレートケーキ」を3月までご用意いたします。エクアドル産カカオと柑橘の酸味が相まって絶妙です!

●的形みかんとチョコレートケーキ 400yen (1/25~3月末まで)

Sunday, January 22, 2012

winter concert 2012 limited menu


2/ 5(日) 6(月)コンサート限定メニュー更新しました!!

ご予約いただいたお客様、ご興味あるお客様へ
2/6ヘニング・シュミート・コンサート限定料理は にんまり してしまうはず。
演奏はもちろんのこと共に料理もお楽しみいただければ嬉しく思います。

詳細はこちら→winter concert 2012 をご覧下さいませ。

まだ両公演ともご予約お待ちしております!

Friday, January 20, 2012

sicilian rouge tomato


フードメニューにはトマトをいろいろ使っています。トマトは夏のイメージがあるかもしれないですが、calfarm-kobeさんは冬~初夏を中心に濃い味ののった数種類のトマトを育て収穫してらっしゃいます。
縦長の形をした品種名シシリアンルージュ・トマトは種のジュレ部分が少なくて、果肉がしっかりとして加熱向きです(生食も美味しい)!
使用メニュー:アルゼンチン煮込み料理カルボナーダ、チャバタサンド、車海老ガーリックトマトソースパスタ、季節野菜のアルフレードソース・タリアテッレ...など

写真は昨年11月下旬にcalfarm-kobeさんにて撮影させていただきました。黄色い花がつき受粉し、緑色から橙色、真っ赤に少しずつ実っていく様は まさに生命を感じました。

Tuesday, January 17, 2012

Iresh coffee


ハンモックカフェがオープンした2002年からメニューにあるけど、あまり知られていない、でも冬になるといつも飲みに来られるお客さまもいるコーヒーの紹介です。

●アイリッシュコーヒー  650円

濃いめにドリップしたコーヒーにアイリッシュウィスキーと、少しのハチミツ、生クリームをフロートしたコーヒー。アイルランドの漁師さんが極寒の海から帰ってきて体をあたためたと言われているくらい、飲むと体がポカポカしてきます。ほっとする甘さも今の季節にオススメです。
ウィスキーが入っているのでメニューではホットカクテルのところに書いています。

コーヒーにお酒を入れる方は少ないですが、とても合うんですよ。夏限定で作っていたラム酒とレモン入り『マサグラン』も、とても人気がありました。
こちらは今年の夏もしますよー。

Saturday, January 14, 2012

New chair for the concert.



winter concert2012に使用するコンサート・ライヴ用の椅子を新調しました!

以前から後ろの席でも もっと演奏姿が見えるようにしたいと考えていたので、
今回から、2サイズの低座椅子(写真の右端が通常椅子)も使ってお迎えします。

音楽が分からないので...とか、初めてなので...と言う声もお聞きしますが、
分かろうとしなくて大丈夫です。
ただ生の演奏を間近でゆったりと感じていただきたいと思い開催しています。
お一人様でお越しの方もおられますので、
もし少しでもご興味ありましたら、お気軽にどうぞご予約お待ちしております。

**********************

<予約状況 1月14日現在>

2/5(日)15:00~ 吉田慶子&笹子重治DUOコンサート
 ●定員の半数に達しました。

2/6(月)20:00~ ヘニング・シュミート・ピアノ・コンサート
 ●まだお席にゆとりがあります。

**********************

両公演ご予約受付中です!
詳細はこちら

最新情報はこのブログでアップしていきます。

Friday, January 13, 2012

British folk songs like a embroidery.


鮮やかな色の壁紙の部屋。アーコールの椅子に座り、窓からのどかな田園風景がみえる。小さなテーブルには紅茶とスコーン、ベリージャムやクロテッドクリームが添えられている。いつも笑いのたえない食卓。そんな想像もできてしまう。

●Rachael Dadd / Bite the Mountain 1.890円(在庫×)
CD+糸綴じ36ページブックレット(ライナー・歌詞対訳付)

小鳥のさえずりような歌声と、バンジョー、ウクレレ、ギター、ピアノなど、たくさんの楽器を使い、メロディーの糸で縫い合わせたようなキルト的、ブリティッシュ・ハンドクラフト・フォークソング。
映画「ウェールズの山」で丘に盛り土をして山にしようとする物語もあるように、レイチェルさんの住んでいるブリストルには日本のようなぽっこりした山がないらしく、ジャパンツアーで移動中に日本の山が「かじりたいくらいカワイイ!」と感じたようで“バイト・ザ・マウンテン“というタイトルに。

2010年、2011年、とライヴを体験し、「また会いたい!」と思わせてくれるとってもあったかくてキュートなレイチェルさん。パートナーICHIさんとの楽しい演奏会にもおもわず笑顔。発想と創造力、心から音楽を楽しんで演奏するその姿、そして、自らCDを販売(日本円のやりとりまで)し、幸せを届けたい気持ちがにじみ出た姿に胸打たれました。


上記ライヴ写真は、昨年 姫路ハルモニアさんで撮影させていただきました。


明日1/14(土)は、FOUNDLAND@原宿VACANTでライヴがあります。
東京の方は是非!

レイチェル・ダッド・オフィシャル・ブログ

Wednesday, January 11, 2012

Piano Trio in France


フランスの田舎町へ遊びに来た子供たち。
海を見たジャン・ロットマンの甥っ子マティアス君はいつにもましてご機嫌な様子。
鳥と戯れ、薄紅色の貝殻を拾い、無邪気に走り回った。

そんな甥との楽しい想い出を描写したように快活にリズムを奏で、
愛らしいワルツ「seattle m'etait conte」や、美しいボサジャズ
「bossa lisse」、優しいメロディーラインの「mathias」などを収録。

しかし、当時このレコードをリリースした本当の理由は...

感動のエピソードは封入のライナーノーツで明らかになります。

● Jean Rotman trio / Mathias Job   2.730円(在庫×)

1986年パリで吹き込まれたジャン・ロットマン・トリオの自主制作盤を
プロダクション・デシネさんが奇跡のCD復刻!
全編オリジナル曲で構成されたピアノ、コントラバス、ドラムスの
素晴らしいインストゥルメンタル・アルバム。

ハンモックカフェにも入荷しました。
ぜひオススメです!

Saturday, January 7, 2012

tomatoberry rollcake



今年もトマトベリー・ロールケーキを作り始めました!
calfarm-kobe産のトマトベリーをケーキに出来ないか…、と試作をしたのが2009年1月のことです。早いものでもう3年経ち4年目の試みです。基本的な分量は毎年同じですが、トマトの甘味具合によって糖類を加減したり、一旦トマトをコンポートにして生地に加えたりしています。
いろんな工夫が思いつくのも、アドバイス下さる方のおかげであったり、育ててられるcalfarm-kobeの皆さん、毎年楽しみにして下さる方々のおかげだと思います。
トマトベリーの収穫時期にもよりますが、春までは季節ケーキとして常時ご用意予定しています(不意の品切れにはご容赦願います)。

●トマトベリー・ロールケーキ 400円  (2012.1.7~春頃まで)

あわせてオススメしたいのは自家焙煎珈琲ニカラグア産のマラカツーラです。中米らしい明るくさわやかなこのコーヒーは、ジャムを含んだような甘みをもち 、フレッシュなケーキと相性良いです。紅茶が好みの方には柑橘系のアールグレイをオススメいたします。

Wednesday, January 4, 2012

Beautiful flute note from Argentina.


年始はじめての音楽紹介なので気合いが入りすぎました...
今回長くなるので見たい方だけ見て下さいね(笑)

今年もアルゼンチン音楽から耳が離せない!

スタッカートのきいたクールな演奏から美しく伸びやかな音色まで自在に操るフルート奏者『フアン・パブロ・ヂ・レオーネ』。
フルートだけでなく、ピアノ、ハーモニカ、ヴォーカルまでこなし、一筋縄ではいかない新鮮なアレンジがアルゼンチン音楽シーンに新しい風を吹き込む。

ハーモニカから始まる「esta simple melodia」でアーバンメロウに静かに幕開け。カルロス・アギーレ自身がピアノ参加した「milonga gris」ではフルートの音色が耳を撫でるようにやさしく吹き抜け、アルゼンチンロックの要、チャーリー・ガルシア作「salir de la melancolia」をモダンに力強く歌い上げる。“カンドンベ・ジャズ“なる疾走感ある躍動的なインスト曲から静かで優雅な曲、掛け合うヴォーカル曲まで絶妙にブレンドされた、早くも名盤入りさせたい傑作の誕生です!

また、熱心なアルゼンチン音楽ファンなら唸ってしまうアーティストが参加しているのも見逃せない。カルロス・アギーレ、アカセカトリオの3人(フアン・キンテーロ&アンドレス・ベエウサエルト&マリアノ・カンテロ)、ルナ・モンティ(キンテーロの奥さん)、フェルナンド・シルヴァ(アギーレ・グルーポのベーシスト)、フランシスコ・ファットルーソ(巨匠ウーゴ・ファットルーソの息子)、パブロ・ヒメネス...など、
さらにアートワークは、写真家マリア・ビルバが手掛け...といったかなり豪華な顔ぶれ。いかにフアン・パブロ・ヂ・レオーネが愛されているかも感じとれる、2012年早々素晴らしいアルバムが届きました!

●Juan Pablo Di Leone / Sin Palo  2.000円(在庫×)


最後に、
2011年春、アルゼンチンへ行ったときに実際、フアン・パブロ・ヂ・レオーネの演奏を観てきました!(ゲスト参加で名前がクレジットされておらず帰ってきてから知りました)。
その時は、低音の(たぶん)バス・フルートで「milonga gris」を演奏、ピアノは今回入荷CDのアギーレさんではなく、アンドレス・ベエウサエルトで、フアン・キンテーロ(ギター)、マリアノ・カンテロ(パーカッション)でした、その時撮影してきた貴重映像がこちらです↓どうぞ。
あくまでもフアン・パブロ・ヂ・レオーネさんの紹介であって曲のアレンジはCDと趣が異なります。

Sunday, January 1, 2012

A happy new year 2012



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

本日、元日より営業しております。

1/1(日)12:00~21:00 カフェ+フード有ります(コース無)

1/2(月)12:00~21:00 カフェ+フード有ります(コース無)

1/3(火)定休日

1/4(水)通常営業12:00~17:00 / 18:00~22:00(コース有)