Monday, March 28, 2011

義援金 ご報告

3月28日(月)付けにて第1回 義援金 振込をいたしました。 ●計82口+α  計41040円(12日間) たくさんのあたたかいお客さまのご協力、誠にありがとうございました。 引き続き4月8日(金)~4月30(土)の間店内義援金募金箱にて受付行っております。 明日からアルゼンチンへ行ってまいります。 臨時休業期間2011年3月28日(月)~4月7日(木)

Friday, March 25, 2011

上を向いて歩こう

「(こんな状況の中)アルゼンチン予定どうり行くんですか?」

実際に尋ねられることがあるので今の素直な気持ちを伝えたいと思います。

まずこの度の大震災と津波により多くの尊い命が奪われた方々、そのご遺族や避難所での生活を余儀なく送られている方々、想像を超える辛く不安な思いをされていると思います。
また、関東の友人や知り合いが営業している店(飲食、雑貨)では必要な物が入荷しにくかったり計画停電などの影響で営業が困難になっているのを知りました。

こうした日本の不安定な状況の中で、一個人が何が出来るかを考えると被災地の方々への復興につながるような行動を起こしたり、復興の妨げになるようなことを慎むのが第一に浮かびます。
そういうことを頭に置きつつ、社会的役割(仕事、子育て、勉強など)を今まで以上に質を上げて取り組み、また一方で体を休め好きな事をして心を落ちつかせる事も大切だと思います。
一時はアルゼンチン行きを自粛しようかと迷いましたが、歩みを止めても誰かの為になるわけではないし、経済活動の活性化の為にもよくありません。
HUMMOCK Cafeは食と音楽の提供を通じて、体と心に栄養が行き渡るような時間を過ごして頂けるよう一層取り組んでまいります。
その日その日を悔いなく過ごし、来たるアルゼンチンへの研修旅行も、いつか近い将来に意味の有るものになると信じています。

文頭の問いに対する今の気持ちを最後まで読んで頂きありがとうございました。立場の違いによって様々な反する意見や不快感を抱かれた方にはお詫びいたします。

前へ進みましょう!


Thursday, March 24, 2011

ベト・カレッティ・ライヴについて

5月14日(土)に予定しておりますベトカレッティのライヴについて。
ブログで紹介した3/17は5月に来日すると決まってはいましたが、
この数日で原子力発電所のことや計画停電が長引くことなど状況が変わり、招聘元から連絡があり安全な形で迎えるようにしたほうが良いとのことで、延期か中止になる可能性が出てきました。ハンモックカフェでは、4/9から予約受付としておりましたが、変更になる可能性がありますので、またブログ上でお知らせいたします。

Thursday, March 17, 2011

Beto Caletti ライヴ&CD入荷 情報

東北地方太平洋沖大地震の義援金に寄付していただいた方々
ありがとうございます。
引き続き受付し、今月末に一旦 集計・ご報告し、日本赤十字宛に送金いたします。


以前日記で案内していたアルゼンチンのシンガーソングライターのライヴが決定しました!
そして、CD(3rd Album ESQUINAS)も入荷しております!(在庫×)

<ベト・カレッティ・ジャパンツアー2011>

●日にち: 日時未定の延期になりました。

●時間、料金共に調整中

●問合せ:HUMMOCK Cafe 079-254-1400
(定休日・臨時休業日除く)

ゴールデンウィーク明けの穏やかな週末の午後に開催。
やさしく包まれる歌声と演奏に魅了される素敵なひととき。
料金など決まり次第追ってご案内いたします。

<beto caletti / ベト・カレッティ>
アルゼンチン・ブエノスアイレス出身、クラシックをはじめジャズやフォルクローレ、そして、ボサノヴァに深い影響を受け、卓越したセンスは「ブラジル人よりもブラジル人らしい」と絶賛。同国アルゼンチン出身のブラジル音楽家アグスティン・ペレイラ・ルセーナを思い起こさせるギターやメロディを奏でる。イヴァン・リンスにも認められ、やさしく色気のある歌声と繊細かつダイナミックなギターが織りなす、サウダージ感溢れる繊細で美しい音楽を奏でるシンガー・ソングライター&コンポーザー。
ベトカレッティ・オフィシャルHP


昨年10月からメニューに加わったアルゼンチンの伝統料理「エンパナーダ」。軽く片手で食べれるパイは地方や家庭によっても中の具材は異なり、揚げたり焼いたりさまざまだそうです。

ハンモック カフェでは、挽き肉、フレッシュトマト、パプリカ、人参、玉ねぎ、グリーンレーズンを崩れないよう別々に炒めたものとゆで卵、グリーンオリーヴを具材にしています。それを小麦粉、バター、塩だけのシンプルな生地で包んでオーブンでこんがり焼いています。挽き肉の余分な脂は取り除き、香味野菜と生地の小麦粉・バターの香りや甘味が口の中で広がります。
●焼き上がりのおよその大きさは11㎝×7㎝×3.5㎝。
●オーダー12:00~21:00(17:00~18:00準備中)
●480円/1個 → 380円/1個

きっとベト・カレッティも家庭の味のエンパナーダを食べていることでしょう。

Monday, March 14, 2011

義援金について

東北地方太平洋沖大地震の被害が日に日に拡大している中で、
ハンモックカフェが何かできることと思い、
義援金募金を始めます。

1口 500円(全額募金)

募金いただいた方には、
●自家製マーマレード1つ
●焼き菓子1つ
●自家焙煎コーヒー豆
上記いづれかさしあげます。

期間 3月14日(月)~4月30日(土)
    (定休日・臨時休業日を除く)

集められた義援金は、日本赤十字社にて開設される予定の義援金窓口へ寄付し、被災者への支援、被災地の復興のために使われます。

Friday, March 11, 2011

地震によって避難されている被災地の方々へ
心よりお見舞い申し上げます。
どうか皆さまご無事であることを願っております。

NEW ARRIVAL !  大陸縦断



乾いた空気が流れる大地。眩いばかりに照り返す太陽。静寂の夜に浮かび上がる月。降り止まない雨、自然の風景をギターとバイオリン、チェロ、ピアノで切り取ったようなバルモレアによる作品(在庫×)は、bar buenos airesで出逢った音楽。①と同じレーベルwestern vinylからオルゴールのようにきらめくピアノが静かに紡がれるゴールドムンド(在庫×)を聴くと時の流れが穏やかになる。ブラジリアン・クールビューティー、マルシア・ロペス(在庫×)のクラシカルで優美な声で歌われるは、ホテル・ラウンジの居心地。「サビア」「ムーンリヴァー」などの名曲カヴァーも絶品な大人のための夜ボッサ。NRT成田さん筆、サンパウロへと誘ってくれるライナーノーツにも注目したい。アフリカで幼少期を過ごした経験をもち、フラメンコギターも学習していたというブラジル出身エミリアーノ・カストロ(在庫×)は、豊富な音楽経験から生まれた7弦ギターやフルートのインストゥルメンタル主体の日だまりミュージック、音楽プロデューサーはパウロ・ベリナッチ。それぞれの曲をイメージした13枚のドローイング・アート・カードが封入されているのも にくい演出。ウルグアイの才人エドゥアルド・マテオと、ディアン・デノア(在庫×)は、デノアのどことなく物憂げであたたかみあるヴォーカルと、マテオのギターの息吹を吹き込んだ、ただ心地良いだけではないボサノヴァ・カヴァーや、「esa tristeza」「y hoy te vi」などオリジナル曲が特に素晴らしい名盤。1943年生まれの御大、ウルグアイのピアニスト、ウーゴ・ファットルーソによる美しいピアノ作品(在庫×)は、まるで早朝に森林浴を しているかのように清らかで繊細 。オリジナル曲に加え 南米の名曲も演奏し 同国出身エドゥアルド・マテオのカヴァーは絶品。日本で録音された唯一のピアノ・ソロ。素晴らしいです。(写真は所有のサイン入り)。アルゼンチンのピアニスト、アレハンドロ・マンツォーニ(在庫×)によるは、ジャケットが物語るようにシンプルで無駄のない演奏、その中でも一際 叙情的に描かれた「zamba de usted」のカヴァーは心に深く感じる。この曲はカルロス・アギーレもcremaでカヴァーしていました。最後は、クラシックとジャズを学び育った品格をもつ、アルゼンチン出身7弦ギターの達人キケ・シネシ(在庫×)。衝撃的ともいえる美しさ、瑞々しいギターの音色は楽器を熟知した人だからこそできる技。バンドネオン参加の風のようにすり抜ける曲もあり。アルバム中2曲はカルロス・アギーレが参加し、ラスト曲1分30秒からの切ないピアノに何度も胸を締め付けられる。

Thursday, March 10, 2011

季節メニューのお知らせ

契約農家cal-farmさんがある神戸市岩岡町は初冬から晩春にかけてキャベツ畑が一面広がるほどキャベツ産地だそうです。 そんな野菜をふんだんに加えたおなじみのカレーを「春野菜と挽き肉カレー」に3月12日土曜から切り替えてご用意いたします。
オーダー12:00~21:00(17時~18時準備中close)

ただ今おすすめしたい季節ケーキとして案内していました「トマトベリー・ロールケーキ」と「トスカーナバイオレット(トマト)のチョコレートケーキ 」ですが農家さんの収穫量の都合により4月半ばまでとなります。
オレンジ色のピッコラカナリア・トマトを使った野菜キッシュも4月半ばまでとなります。

勝手ながら臨時休業させて頂く期間を除いて、トマトの入荷のある間は、毎日ご用意していますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。


契約農家cal-farmさんからトマトベリー、トスカーナバイオレットなどの生産終了時期の連絡を数日前に受けた時、浮かんだ言葉。
「大切なものは失ってから気付く」
毎年冬~初夏まで生産され、ケーキをはじめ前菜などでご提供しており、今年も…と安易に思っていただけに少ししょんぼりしてしまいました。事情をもあると思いますので仕方ないですね。でも、またいい食材との出会いがあることを願って日々美味しいもの作りに取り組んでいきます。

Thursday, March 3, 2011

アルゼンチンへ


突然ですが、
アルゼンチン、ブエノスアイレスへ行ってまいります。

臨時休業期間2011年3月28日(月)~4月7日(木)

渡航目的は、ブエノスアイレスの空気を吸って文化に触れるとともに食と音楽を学ぶ旅。

ハンモックカフェでは、アルゼンチン料理(カルボナーダ、エンパナーダ等)や、伝統菓子アルファホール、それにマテ茶 等を提供しています。また、アルゼンチン音楽も紹介している以上、本物に触れて感じたいと思い、10日間ほど行ってきます。
最近は嬉しいことにお客様にアルゼンチンのことをよく聞かれます。
今、自分達が伝えたいモノ、コト、があるのがブエノスアイレスにあると感じています。
少しの間、店は休業しますが、ご理解何卒よろしくお願い申し上げます。

3月27日(日)までは、通常通り営業しております。
変わらずご来店お待ちしております。
 
HUMMOCKCafe 中村



そして、5月中旬にはアルゼンチンのシンガーソングライターの
ライヴがほぼ決定しました。
後日、詳細が決まり次第、CD入荷とともにご案内いたします。

Tuesday, March 1, 2011

melancolia tour 2011


コンサートにお越し頂いたお客さまありがとうございました!

メランコリア』を販売し続けて4ヶ月以上。
感受性豊かなお客さまに出逢え、支えられたことにより、
コンサート当日に至るまでの様々な準備を気持ちも込めてさせていただき、
お迎えできたことに感謝いたします。

慣れない土地に来たはずなのに、
やさしい表情で対応してくださる中島さんと北村さん。

素晴らしく美しい演奏に眼を閉じ、
無の境地に至り、心で聴く音楽、まさに。

中島さんの軽妙なトークを挟み会場は気持ちの良い緊張感。

第2部の始めは中島さんの即興演奏。
音を探るような指先に、聴衆の視線が集まります。
その時にしか体験できない、先の分からない未知の音。

1回目のアンコールは映画「人間失格」テーマ曲。
そして、無理を言って2回目のアンコールは、中島さんが北村さんのために
作ったバンドネオン組曲から、「トッカータ」をリクエスト。
チェロのパートを中島さんがピアノで弾き、
北村さんのバンドネオンの体全体を使ったテクニックに感動。
今回の編成&ライヴでしか観れない貴重な体験。



中島ノブユキさん、北村聡さん、スパイラルレコーズ山上さん、
今回のコンサートに協力していただいた皆さま、
深く感謝いたします。
ありがとうございました。

またいつかハンモックカフェで開催できることを願っています。


●ピアノの横のお花はメランコリアのジャケットを
 イメージしてアレンジしていただきました。
 花器まで淡い紫色に仕上げたセンスに感謝。
 いつもありがとうございます。
 flower shop ibi