Monday, August 30, 2010

CDコンサート(試聴会)


CDコンサートvol.1 @ HUMMOCK Cafe

普段の営業の中ではなかなかゆっくりとオススメ音楽の紹介・説明が出来ないため、
定休日を利用して20:00~24:00の4時間限定オープン。
ドリンク数種類のみで「音楽を聴く」ことに重点をおいた営業です。
所謂DJイヴェントでは無く、僕がDJブースに立ってお客さまのご要望に応じた音楽をかけて気楽にコミュニケーションをする時間です。
10月に当店でライヴがあるアギーレさん周辺アルゼンチン音楽の紹介はもちろんのこと、アギーレさんのライヴ映像なども交え、オススメし続けているプロダクション・デシネや、アプレミディ・レコーズ等、愛聴し続けたい音楽の販売もいつもより多くしています。CDを買わないといけないと言うことはありませんので、当店で紹介しているような音楽が好きな方はお気軽にお立ち寄り下さいませ。
なかなか普段の営業では話せないと思いますので、皆さんと音楽の情報交換などをしたいと思っています。
ご来店お待ちしております。

●日時 9月28日(火)
●時間 20:00~24:00
●料金 ドリンク代のみ
●当日CDをお買い上げいただいたお客さまには
 もれなく”おまけ”をプレゼント。

カルロス・アギーレ・ジャパン・ツアー日程



吉本宏さんからメールが届き、
今日でちょうどアギーレさん来日1ヶ月前とのこと。
徐々に日が迫ってくる中いよいよライヴ全行程がアップされました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
カルロス・アギーレ・ジャパン・ツアー2010
ツアーフライヤーは当店に設置しています。

Wednesday, August 25, 2010

近況報告

あともう少し長い夏が続きそうですね。
夏季限定のメニューについて期間のおしらせ。
水耕トマトとハチミツショウガの冷製カッペリーニ・・・・9月上旬まで
インド産アルフォンソ・マンゴーのレアチーズタルト・・・9月中旬まで
*トマトのロールケーキ・・・・・8月29日まで(数量限定)

夏から秋へと移りゆく季節に、出会った野菜をはじめとする食材や
人たちから感じて浮かんだメニューが9月上旬には案内できそうです。
どうぞこちらもよろしくお願いします。


●カルロス・アギーレさんライブ経過報告
【ご予約状況】
8月24日現在、3/4埋まっています。
予約の催促は恐縮ですが当店のキャパの都合上、定員になり次第受付終了となりますので、どうぞご了承願います。ただいま一人でも多くの方とアギーレさんの生音楽を共感していただけるように会場としても打ち合わせや準備に取り組んでいます。

【ご予約をいただいているお客さまへ】
当日ライヴの前にアルゼンチン料理3品とマテ茶をプレートでご提供いたします。その他、アルゼンチンのワインやお菓子も販売を予定(こちらは代金別途)してます。

私たちは今年になってアギーレさんをはじめとするアルゼンチン音楽を聴き、未知の世界の生活様式や料理にも興味がわいてきました。移民のお国柄、一言でこれと言った特色をあげるのは難しいですが、いろいろな方のご協力を得て少しずつまとまっていってるような状況です。そう、自力であり他力でもあるようなつながりを感じます。
『経過は己が為に 結果は他が為に』



カルロス・アギーレ・グルーポ / 『crema』 2.625yen

『crema』CD制作、カルロス・アギーレへの愛溢れる手作りの風景。窓の切り抜き~アルゼンチンからパメラさんの絵が届くまで。アギーレさんの音楽に合わせて8分にわたる感動巨編。是非ご覧下さいませ。
こちらも合わせてどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
アギーレ愛の作業1

アギーレ愛の作業2

アギーレ愛の作業3

Saturday, August 21, 2010

つながり。


HMV渋谷店に飾っていたカルロス・アギーレさんの写真を、
河野洋志さんよりご厚意でいただきました。

「日本の皆さん、こんにちは。」
「はじめまして、カルロス・アギーレです。」

とでも話しかけてきそうな優しい眼差しのアギーレさん。
よーく見てみると(すぐに分かりますね)、アギーレさんが手に持っているものは...
なんとフルーツ・シール・カレンダー!!
吉本宏さんがアルゼンチン、ブエノスアイレスへ アギーレさんに逢いに行った河野洋志さんに託し、地球の裏側へ。吉本さんのコレクションが遥か彼方まで届いていることに感激です。ハンモックカフェ8周年記念で製作したハンカチもアギーレさんとつながりが無いとは言えないような気がするのは僕だけでしょうか?
フルーツ・シール・ハンカチ 850yen

『LATINA』世界の音楽情報誌



世界の音楽情報誌『ラティーナ』の定期講読始めました。

8月号にはカルロス・アギーレ インタヴューや、日本で静かに盛り上がりつつあるアギーレさんの音楽の経緯、アギーレさん参加アルバムの紹介、日本公演の意気込みなどが記載されています。本当にハンモックカフェににやってくるのですよ!

次号は現在ハンモックHPトップでも掲載していたタチアナ・パーハ特集!(在庫×)
CDも引き続き販売しています。
ラティーナはCDコーナーに設置していますので、お席でごゆっくりとご覧下さいませ。

Friday, August 20, 2010

COFFEE & MUSIC


『ハリオ02ドリッパーセット(red)』再入荷(在庫○)

当店でロングセラーを続けているドリッパーセット。
少しの間在庫を切らしていましたが、再入荷しました!

●ドリッパー
●コーヒーサーバー
●メジャーカップ
●ペーパーフィルター10枚
●当店おすすめコーヒー豆100g

上記5点セット、1580円です。

ドリップが初めての方にもおすすめします。

通販は全国送料600円にて発送いたします。
(北海道、離島を除く)






そして、コーヒーを淹れるときお供のBGMはこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『COFFEE&MUSIC』も再入荷しました。(在庫×)
ブラジル、フランス、イギリス、アメリカで生まれたコーヒーにちなんだ名曲をブラジルの歌姫ジアナ・ヴィスカルヂがアコースティックで聴かせる、世界初のコーヒーソング・アルバム。

2010年9月、BillboadLIVE大阪にてジアナ・ヴィスカルヂ&ミッヒ・フジシュカのライヴがあります。
運良くハンモック定休日だったため僕たちも聴きに行ってきます。楽しみ~♪
当店でCDをご購入いただいたお客さまにオススメ・ライヴです。
詳細はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
9/14tue @BillboadLIVE大阪



Wednesday, August 18, 2010

お盆のお礼


お盆期間は、久しぶりにお会いできたお客様や、遠方から遥々こられたお客様とお話しさせていただくことに喜びも感じました。ありがとうございました。

その中でも、ご近所の丁寧に洋裁のできる素敵なお客様にお願いして、さわやかなロールカーテンを作っていただきました。ボート・クロスというハリのある純白生地を使ったカーテンは、陽差しを柔らかく店内にそそいでくれます。今まで西日が差し込む時間帯は店内がとても暑くなりましたがこれで問題解消です。Nさんありがとうございました。

Thursday, August 12, 2010

カルロス・アギーレ・ライヴ予約状況 & お盆の案内




<カルロス・アギーレ・ライヴ予約状況>
8月12日現在、定員の半数を超えました。
早い目の予約をおすすめします。


<お盆の案内>
休まず営業しています。
17:00-18:00は準備中になります。


<CDの新入荷>
jorge fandermole / navega(在庫×)
jorge fandermole / pequenos mundos(在庫×)

macchi borzani silva / Luz de agua (在庫○)

Friday, August 6, 2010

NEW ARRIVAL !



「旅先からの絵葉書のようなアルバム」

● Lui / Lui   2400yen(税込)(在庫×)

猛暑である日々も幸福な時間へと変えてしまう、とびきりな音楽。
1978年ハワイ録音。
ハワイ産AORの最高峰ともいわれている名盤『Lui』が奇跡の世界初CD化!
幻のアーティストとも言われていたルイ・ウィリアムス。
アルバムを聴き終えると、眩しいばかりに太陽がふりそそぎ
目の前には白くきれいな砂浜と蒼い海が広がっているはず(希望を込めて)。


橋本徹さんたちが、サバービア・スイートで『Lui』を紹介されているジャケットを観て、
ジャケットから感じ取れる音楽を妄想し、いつか聴いてみたいと思っていた作品です。
オリジナルのレコードなんてなかなか見つからないし、見つかっても貴重な故かなり高価。これはうれしい再発です。
世界限定1000枚!
ハンモックカフェにも入荷することができました!

『Lui』の詳細はこちら、試聴もあります♪

Thursday, August 5, 2010

季節野菜のサラダ

朝の仕込みはランチ用の季節野菜サラダからはじまります。
この夏の時期はcal-farmさんの野菜をたっぷりと使用。まず、じゃがいもを皮ごと蒸して冷ましておき、その間に玉ねぎをスライスして氷水につけておき、タイ・グリーンという緑ナスを塩酢水につけてアク抜きをしてと....新鮮サラダへ仕上がっていきます。こちらのサラダはランチだけではなく、夕方や夜のフードメニューにはセットでご提供しております。

余談ですが、1ヶ月ほど前にバルコニー改修工事を4日間ほどしており、ランチの営業を休んでおりました。その間は野菜が減らず、なんだか淋しい思いをしました。そして、改修後を待っていたかのように、夏野菜が収穫され、こうしてたくさん調理できていることを嬉しく思います。

*********************************

アルゼンチン関連で最近気付いたこと。
当店でいつも料理に使っているトマトや、じゃがいも、そして夏にはとうもろこし。これらは南米アンデス山脈付近原産なんですね。こんなところにもアルゼンチンと深いつながりを感じてしまいます。
カルロス・アギーレさんのライヴでご提供する、それらの野菜を加えたアルゼンチン料理もお盆明けに試作を重ねる予定です。またご報告出来ればと思っています。

Wednesday, August 4, 2010

carlos aguirre LIVE




****************************

『カルロス・アギーレ・ライヴ・ツアー・イン・ジャパン』
~bar buenos aires @ himeji~

<山形ー岡山ー姫路HUMMOCK Cafeー名古屋ー東京>

****************************

2010年10月9日(土)

special guest live
 ●カルロス・アギーレ

music selector
 ●吉本 宏 (bar buenos aires)
 ●河野洋志(bar buenos aires)

場所 ハンモックカフェ

開場 18:00
開演 20:00

前売 4000円 /当日 4500円 
(共にアルゼンチンの料理とお茶付)

****************************

ついに、ついに、ついに初来日を果たし、姫路に来てしまいます!!!
しかも関西公演はハンモックカフェのみです。
地道に熱くアルゼンチン音楽を紹介してきたことが実りました。
会場として選んでいただけた事に感謝します。
アギーレさんがやってきますよー。

●18:00~演奏前は、僕たちの尊敬する音楽文筆家 吉本宏さんとアルゼンチン ブエノスアイレスまでアギーレさんに逢いに行った河野洋志さんの選曲をお楽しみいただきながら、アルゼンチン料理をお召し上がりいただけます。
●20:00~の演奏はアギーレさんのピアノとギターのライヴを心行くまでご堪能下さいませ。


<カルロス・アギーレ>
ブエノスアイレスから遠く離れたエントレリオス州・パラナを拠点に、河のほとりで創作活動を続ける孤高のコンポーザー/ピアニストそして詩人。伝統的なフォルクローレの切ないメロディー、悠然としたリズムを継承しながらも、ジャズやクラシック、ブラジル音楽の要素を織り交ぜ、洗練されたハーモニーとコンテンポラリーな魅力をたたえた、美しい音世界。1音1音に宿る、アルゼンチンの自然の雄大な映像が浮かぶ幽玄の響きが、乾いた心に深く、ゆっくりと潤いをもたらします。

Carlos Aguirre オフィシャルページ
http://www.carlosaguirre.com.ar/

bar buenos aires
http://barbuenosaires.tumblr.com/


<ご予約・問い合わせ>
電話、メールにて承ります。
●予約人数に達した場合は当日のご案内は出来かねますので早い目のご予約をおすすめいたします。
●ご予約のキャンセルは他のお客様のご迷惑になりますので無いようにお願いいたします。
●駐車場が限られますので乗り合い又は交通機関での来店のご協力をお願いします。


HUMMOCK Cafe
079-254-1400
hummockcafe0525@yahoo.co.jp
(代表者のお名前・人数・電話番号を明記の上ご連絡お願いいたします)


スウィッシーさんやヨハン・クリスター・シュッツ君のライヴの時もあとで「行っておけばよかったです」とたくさんのお声をいただいきましたが、今回は後悔なしでお願いしますよ~。

Tuesday, August 3, 2010

Calros Aguirre Grupo 『crema』



  

現代アルゼンチン音楽を代表する偉大なる音楽家「カルロス・アギーレ」。美しく詩的で、聴き手を魅了する儚いメロディ。心の渇きを潤す優しく耳元でささやかれるような歌声。この作品に出会って良かったと心底思える名盤。きっと10年先でも20年先でも聴き続けることができるだろう。この1stアルバムは、幼少期に暮らした田舎や、現在のパラナ河のほとりの街での生活を描いた作品。その音楽の先には、自然溢れるパラナ河周辺の風景が浮かんでくる。また、商業的音楽からかけはなれた芸術性の高い作品で、女性画家パメラ・ヴィジャラーサが描いた異なる手書き水彩画が1枚1枚封入されている。

●カルロス・アギーレ・グルーポ / クレマ

歌詞・対訳・解説付き
ハンドメイド特殊ジャケット

2.625円(在庫△)再入荷!


今年2010年1月からカルロス・アギーレさんをはじめとした素晴らしきアルゼンチンの音楽が渋谷のイヴェント『bar buenos aires』で紹介され、僕たちも何度か足を運び吉本宏さんと山本勇樹さんたちに教えていただいたのですが、そこで聴いた音楽はかつてなかった心を潤す音楽だと感じたのです。そこで姫路に戻り紹介したいと思ったのがはじまりでした。

そして、今回遂にご紹介させていただく、カルロス・アギーレ・グルーポ『crema』は、今思い返せばすべての事の始まりだったアルバム。
アルゼンチンオリジナル盤と同じく、1枚1枚異なるパメラ・ヴィジャラーサさんの手書きの水彩画(鉛筆での署名入り!)が封入された正規国内盤はアルゼンチンで発売されてから10年の歳月を経ていよいよ日本で忠実に再現されリリース。
すでに7月22日に全国発売となり、ハンドメイドのジャケットと自然溢れるハンモックカフェで感じる音楽を共感していただき手にとって選んでいただいたお客様の笑顔に今回入荷できた喜びを感じました。


<カルロス・アギーレ>
ブエノスアイレスから遠く離れたエントレリオス州・パラナを拠点に、河のほとりで創作活動を続ける孤高のコンポーザー/ピアニストそして詩人。伝統的なフォルクローレの切ないメロディー、悠然としたリズムを継承しながらも、ジャズやクラシック、ブラジル音楽の要素を織り交ぜ、洗練されたハーモニーとコンテンポラリーな魅力をたたえた、美しい音世界。1音1音に宿る、アルゼンチンの自然の雄大な映像が浮かぶ幽玄の響きが、乾いた心に深く、ゆっくりと潤いをもたらします。


その、カルロス・アギーレさんの2010年に初来日ツアーが決定!!
運命を感じるかのようにハンモックカフェにてライヴしていただけることになりました!
詳細は8月4日(水)の日記にて案内します!


Monday, August 2, 2010

パソコンも夏バテ?

最近ブログの日記が滞っていますが....
実はパソコンがダウンしてしまい、
先週から修理にだしているため
残念ながら更新できていないのです、
今日はスマートフォンからの投稿になります。
3日(火)には戻ってくる予定なので、
それから更新したいと思います。
とっておきのお知らせもありますので
チェックお願いします。