Monday, May 31, 2010

改修工事のお知らせ

『バルコニーデッキ・階段 改修工事のお知らせ 』

期間 6月14日(月)~24日(木)の11日間
(もし工事が早く終われば通常営業に戻ります)

6月の予定が大変遅くなり申し訳ありません。
ようやく日程が決まりました。
改修工事期間中は、昼間のみ店内が使用できないため、普段とは違ったスタイルでの営業となります。

<12:00~17:00>
店入口前にて テイクアウトのみの青空営業になります。(雨天中止)
コーヒー豆や、焼き菓子、パン、ケーキ、CDや雑貨の販売もします。
コーヒーの試飲や期間限定商品の販売も予定。

<18:30~22:00>
カフェ・ディナー店内で通常営業します。
販売商品の詳細内容は、また後日アップしていきます。
いつもと違った雰囲気でお買い物を楽しめるような品揃えを考えています。
どうぞよろしくお願いします。

Saturday, May 29, 2010

玉ねぎの仕込み

「季節野菜と挽き肉のカレーライス」が5月29日(土)より夏野菜を使用した鮮やかなスパイシーな味わいに変わります。パプリカや香味野菜をふんだんに使用した辛みの中にもフルーティな甘みを隠し合わせています。
ランチ~21:00オーダーストップまでご用意しております。

ハンモックカフェの料理に欠かせないのが玉ねぎです。縁の下の力持ちのような存在で、味にコクと深みを与えてくれます。スライスした玉ねぎを耐熱皿に入れレンジで温めておき、フライパンで甘みがでるように加熱します。オイルはひかず、先に塩を玉ねぎに少量加えて出てくる水分で強火で炒める感じです。水分をとばすように焦げないようにじっくりと。ほんのり黄金色になるくらいで私はとめます。玉ねぎと塩だけなのに、洋梨や林檎をコンポートしたような甘みと触感に驚きます。オイルを入れてないので、サラダのドレッシング用に合わせたり、何でも使えます。カレー、パスタソース、キッシュのベース、ハンバーグ作り、煮込み料理…etcまとめて作っておくと重宝しますね、地味な作業ですが不思議と頭が整理されて落ち着きます。

いつも脇役のような玉ねぎを5月29日よりポタージュに主役として用います。小麦粉は使用せず、野菜だけのとろみが優しく身にしみます。生乳と調和したガーリックをアクセントに食欲をかき立ててくれれば、と思います。プランター栽培をしているハーブのディルの爽やかな香りを最後にプラス。
こちらは、
「季節野菜のポタージュ(パン付)」  400円
としてと、ディナー・コースの前菜としてご用意しています。
オーダー18:00~21:00(仕込みの都合上、夜のみになります)

Friday, May 21, 2010

メロディアス

ここ数日の雨はまさに野菜ににとっては恵水(めぐみ)となったことでしょう。コーヒーやケーキ、料理に欠かせない砂糖・塩・生クリーム・小麦粉など基本的な食材ですが種類も多くそれぞれ適したものを選び使い分けしています。例えばコーヒーはブラック派の方もいらっしゃいますが、砂糖やミルクinでお楽しみいただく方のためにも、コーヒーの味を損なわずに幸福な甘みと乳風味がプラスされるような砂糖と生クリームを選び添えております。後味や体にいいものというのが基準です。



さて当店に入荷した音楽のご紹介です。

TONY DE VITA / SOFTLY as I leave you  2.730yen(税込)(在庫×)

ピアノの鍵盤の上を妖精がタップダンスをしているかのようなメロディ。
なにげない毎日が穏やかで安堵感のある最も自分らしい生活であることを気づかせてくれます。1972年イタリア・ピアノ・トリオの知られざる名盤を当時のアナログ盤に近い仕様のジャケットでCD再発したのは神戸のプロダクション・デシネさん。この粋な仕様に感謝しての私流の聴き方。

LATO1(レコードのA面)
軽快なドラムのリムショットやリズミカルに跳ねるピアノが印象的な「Parole Parole」に始まるトニー・デ・ヴィータの演奏が朝の目覚め(無理やり目を覚ます感じではなく)と身支度の音楽として。

LATO2(同様のB面)
バート・バカラックのワルツを繊細にカヴァーした「Wives And Lovers」や、このCDアルバムを象徴するラスト、自身の名曲「Softly As I Leave You」 は、ボリュームを下げて夜おやすみの音楽として(ラストを聴く前にすっかり眠ってしまうのですが・・・)。

寝室ベッドサイドのCDプレーヤーで、この愛らしいジャケット画とメロディをそばに何度も気軽に聴けることの幸せ、そう思っていると浮かんだのが、

映画「ペイネ 愛の世界旅行」1974年
イタリア・フランス合作
音楽エンニオ・モリコーネ,アレッサンドロ・アレッサンドローニ 
オリジナル・デザイン:レイモン・ペイネ

こちらは取り扱いはしておりませんが、おすすめ映画の一つです。


Monday, May 17, 2010

8th anniversary !!!

ハンモックカフェは2010年5月25日で8周年を迎えます。
いつも応援して下さる皆さまや、
ご愛顧いただいているお客さまの支えがあっての8年です。
お世話になった方々への感謝を込めて
心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

5月25日は火曜定休日ですが、
日頃お世話になっている店の手入れをしようと思っています。
普段手の行き届かないところも入念に。
写真はいつもお世話になっているオレンジオイル。
神戸のvivovaさんでいつも買っている家具用のオイルですが、
木に潤いを与え、かなり綺麗になり、
オレンジの香りがとてもきもちいいです。
8年経つと、テラスのデッキ板や入口階段も痛んできているので、
ただいま職人さんと打ち合わせ中です。
また工事に入る時期など追ってお知らせいたします。
お知らせ!!!!!

8周年企画!

現在、HUMMOCK Cafeノベルティグッズを制作中です!
これがかなりイイです。
カワイイです。
貴重です。
まだ秘密です。
制作途中のモザイクだけどうぞ。

6月中旬には仕上がるので乞うご期待!



Friday, May 14, 2010

『トマトウ゛ィシソワーズ』

おすすめのトマトをもっと手軽に食べて頂きたい、と思いひんやり冷たい前菜メニューを期間限定でご用意いたします!ジャガイモや玉ねぎの冷たいウ゛ィシソワーズにお馴染みcal-farmさんのトマトをたっぷり加えてフルーティで食べ応えのある一品です。ウ゛ィシソワーズに欠かせない生クリームは混ぜ込まずにトマトと一緒に添えており、生乳のコクを少しずつ合わせながらお召しあがりいただけます。砂糖は不使用ですが、ほんのり野菜の甘みが感じられます。

『トマトウ゛ィシソワーズ』
ドリンク+450yen
[オーダー]12:00~21:00
[期間]5/14~初夏まで

美味しいトマトの成り具合によって期間が異なってくるので初夏までとさせていただきます。期間中、品切れのないように努めてまいりますが、タイミングが合わず無くなってしまった場合はお許しくださいませ。

今年も店の畑(?)にアスパラガスが成り初収穫しました。不揃いですがそんなの関係ありません。新鮮さが第一です。みずみずしく生で薄くスライスして季節サラダ(ランチや夜のパスタメニューにセットになっております)にこっそり加えてご提供いたします。どうぞお楽しみに。

Tuesday, May 11, 2010

NEW ARRIVAL Argentina !!


「美しき音楽のある風景」
~素晴らしきメランコリーのアルゼンチン~

(初回限定”本の栞”付き)

監修選曲:橋本徹
解説:吉本宏

2.400yen(在庫△)再入荷!

今、僕たちが愛してやまないアルゼンチン・ミュージック。ハンモックカフェでは、現在入手困難なカルロス・アギーレ関連を中心にアルゼンチン音楽特集も組んで販売しています。そして、ついに Cafe Apres-midi・suburbia 橋本徹さんが「音楽のある風景」のスペシャル・イシューとしてアルゼンチン音楽コンピレーションをリリースしました!もちろん解説は吉本宏さん。
水滴が描く波紋のように静かに広がるセバスチャン・マッキのピアノが美しい曲で幕を明け、弦の音との調和が印象的なセシ・イリアスの繊細な歌声と口笛、アンドレス・ベエウサエルトの音の幽玄美、サウダージ感溢れる僕の大好きな曲アカ・セカ・トリオの「maricon」(店でかけているとよく問い合わせがあります)など全20曲。“心の調律師“と題されたこの音楽集は、心鎮まる詩情と映像美に溢れた音の桃源郷。是非皆さんに聴いていただきたいです。

なぜアルゼンチン音楽にはまるのか?
この音楽を聴いていると素直な気持ちで原点回帰でき、心が穏やかになります。
今回のコンピレーションが、HMVウェブサイトにてかなり濃い内容で対談形式で載っているので是非熟読していただきたく思います。しかも読んで驚いたのですが、文中に「友人のカフェ」としてハンモックカフェが登場しています。姫路でアルゼンチン音楽を広めていきたいという思いが皆さんに少しでも届くことを切に願っています。

今年3月、東京で行われたbar buenos aires vol.3へ行ったときに橋本さんから「また春にリリースするからね」と聞いており、心待ちにしていたアルバムです。右の写真は、このコンピにも収められているアグスティン・ペレイラ・ルセーナのライヴに行った時のものです。橋本徹さん、吉本宏さん、山本勇樹さんご夫婦、中村智昭さん、アグスティン・ペレイラ・ルセーナさん、と共に。

Friday, May 7, 2010

GW&swissyLIVEのお礼







ゴールデン・ウィーク中は、初めて来られたお客さまや久しぶりにお会いできたお客さまでにぎわい、とても充実した日々を過ごせました。当店のコーヒーやケーキ、料理を味わいながら音楽や読書を楽しんでいただいたり 、談笑をされている風景はとてもなごやかで、うれしくなり深く感謝しています。
5月4日(火)ではスウィッシーの甘くせつないキュートな歌声と、音楽を愛するお客さまに包まれ素敵な時間を過ごせて、本当にありがとうございました。 当日昼頃に当店に到着したスウィッシーとディスク・デシネさん達。一緒にランチをし、入念なリハーサルには思わずしなきゃいけない準備の手もとまり聴き入ってしまったぐらい、スウィッシーの生歌声には何か惹きつけるものがあるのです。 そして、「rainy days」で幕を開けたライブ。すこし緊張したおももちでしたが、次第にチャーミングな表情もこぼれ、本当に魅力的でした。 個人的に好きな「how it all started」をラストにかざってくれたのには、心が通じ合ったようで夢心地になりました。
スウィッシーにサプライズをと思い、皆さんからメッセージをいただきました。打ち上げの夕食時に渡すと「wow ! Thank you~」と、感動されてしばらくながめていました。
スウィッシーのライヴを聴くラストチャンスがまだあるのです! 5月8日(土)@トリトン・カフェ(神戸・北野) こちらはこの春10周年を迎えられたとても居心地のよい空間のカフェです。スウィッシーの歌声とも絶妙に融合することでしょう!

また、CDアルバム「she smiles」はを引き続き当店で取りあつかっております♪(在庫×)
P.S最後の集合写真の画像はこのライヴを企画して下さったディスク・デシネ丸山さんと、土本さん、あと、東京から駆けつけてくれて、スウィッシーとも顔なじみのYさんOさん、関西ツアーのドライバーKさん、rosso e bianco Oさん、多謝。


Tuesday, May 4, 2010

swissy LIVE !

本日、待ちにまったスウィッシーのライヴです!
快晴の気持ちいい青空ライヴになることでしょう。

ご予約いただいたお客さまありがとうございます。
前売りは完売いたしました。

ご予約いただいた順番に席を確保しておりますので
焦らず気を付けてお越し下さいませ。
また、駐車場は通常7台ほどのスペース+
ハンモックカフェ敷地内に停めていただけます。
満車になった場合はご案内しますので一言お声かけ下さいませ。

ではご来店お待ちしております。


明日からは通常通り営業しています。