Thursday, February 15, 2018

Wavenir Tour, Spring 2018 Komorebi




深呼吸して見上げる青空と
手をのばして触れる緑の葉。
その間をすりぬける陽の光は
魔法じかけのように美しい。

そんな木洩れ陽のように
まばゆい音のアンサンブルは
私たちの情感へ響き
これからも深く沁み渡るだろう。


新緑が芽吹く季節―
ギタリスト藤本一馬とピアニスト伊藤志宏による 3年ぶりのウェヴニール・ツアーは、これまでの楽曲と新曲のデュオ演奏のほか、サクソフォニスト内田輝が加わるトリオに音を紡ぎ、セカンドステージへとあらたな心象風景を描きだす。
________________________________________

Wavenir Tour, Spring 2018  Komorebi 

・出演 : 藤本一馬(guitar)  伊藤志宏(piano)
  w/内田輝(sax)

・ピアノ調律 : 内田輝
________________________________________

4/27 (金)東京 公演 |やなか音楽ホール
・時間 : 18:00 開場 / 18:30 開演
・会場 : やなか音楽ホール ▶ 東京都台東区谷中3-23-8
・料金 : 予約 3500円 / 当日4000円 (先着順自由席)
・予約 : hummock label ▶ メール ticket.info.hummock@gmail.com
      電話 090-1674-1837(中村)


4/28(土)名古屋 公演 |JAZZ茶房 靑猫
・時間 : 18:00 開場 / 19:00 開演
・会場 : JAZZ茶房 靑猫 ▶ 愛知県名古屋市名東区藤が丘49 アンフィニビルB1階
・料金 : 予約 3500円 / 当日4000円 (共に 1 ドリンク別途/先着順自由席)
・予約 : JAZZ茶房 靑猫 ▶ 電話 052-776-5624
hummock label ▶ メール ticket.info.hummock@gmail.com 
       電話 090-1674-1837(中村)


4/29(日)姫路 公演 |姫路文学館 講堂 北館3F
・時間 : 13:30 開場 / 14:00 開演
・会場 : 姫路文学館 講堂 ▶ 姫路市山野井町84番地 (駐車場約60台)
・料金 : 予約 3500円 / 当日4000円 (先着順自由席)
・予約 : hummock label ▶ メール ticket.info.hummock@gmail.com
      電話 090-1674-1837(中村)

※各公演ご予約受付中
「日にち・公演名・お名前・人数・電話番号」の5項目をお伝えださい。



 ■藤本一馬  Kazuma Fujimoto
ギタリスト、作曲家。雄大な自然からの着想、自己の内面を投影した作曲性と独創的な演奏で、これまで国内外のアーティストとのライヴやレコーディング作品への参加に楽曲提供など、多種多様な活動を展開。リーダー作品には、国内の共演者とのアンサンブルを軸に 南米よりCarlos Aguirre、Renato Motha & Patricia Lobato、André Mehmari、Silvia Iriondo、Joana Queirozらを録音に迎えリリース。『SUN DANCE』(2011年) 『Dialogues』(2012年) 『My Native Land』(2014年) 『FLOW』(2016年) 藤本一馬/伊藤志宏『Wavenir』(2014年) また、今年結成20周年を迎えるナガシマトモコとのユニット〈orange pekoe〉では同世代を中心に大きな支持を得ている。2016年4月よりNYに拠点を移し、広いヴィジョンとその音楽性は高く評価されている。


■伊藤志宏 Shikou Ito
https//www.shikoupf.com/
ピアニスト、作曲家。14歳で東京交響楽団とベートーヴェン ピアノコンチェルト三番を共演し、音楽理論は慶応義塾経済学部在籍中に独学で学ぶ。多様な編成で独自の活動を展開し、シンガーからも伴奏者、編曲家としての信頼も高く、トリオやソロなどの作品をリリース。『LADIES & PIANOMAN』(2012年) 『ヴィジオネール』(2013年) 『タペストリア』(2014年) 『毒ある寓話』(2017年) 2013年公開映画の音楽を担当。これまでの活動ユニットには〈Shima & Shikou DUO〉や〈audace〉、バンド ピアニストとして〈オバタラ・セグンド〉と松浦俊夫PRESENTS〈HEX〉など、国内外のツアーに参加。日々耽美なピアノの音色を探求し届けている。

■内田輝 Akira Uchida
http://baroquevoice.tumblr.com/
サックス奏者、クラヴィコード奏者、ピアノ調律師。音楽大学でサックスを専攻。ピアノ調律を習得後、14世紀に考えだされた鍵盤楽器(クラヴィコード)に出会い演奏と製作を行なっている。他、ピアノ調律を通した”音のワークショップ”を全国で開催。ソロ名義作品では ピアノとソプラノサックスによる『OTOTSURE』(2014年)、ピアノソロ『after the rain』(2015年)などをリリース。 AOKI,hayato と haruka nakamura との〈FOLKLORE〉メンバーとしても音楽の旅を続けている。


                 

この Wavenir Tour にて初共演のソプラノサックス奏者 内田輝さんは、昨年HUMMOCK Cafeでの演奏会にソロ出演(クラヴィコード,サックス,ピアノ)と FOLKLORE のメンバーとして出演の他、音のWS開催やピアノ調律師としても関わってくださいました。
こうした感覚は自分たちには珍しいのですが、音楽家でありステージの裏方でもあるような近い感覚で音楽に対する考えを話せる方でもあります。
現在は 鍵盤楽器クラヴィコードの製作も行っており、ひとつ太い芯の通った人間力を感じます。
そういった意味では、形は違えどギタリスト藤本一馬さんとピアニスト伊藤志宏さんとも通じる感覚もあり、これまでWavenir Tourで訪れた場所での数々の胸に響く演奏は忘れることなく、またひとつのヴェールをかけるようにトリオへとあたらしい音が紡がれていきます。

かたちのないものが心にもたらしてくれる豊かさ―
想い想いに感じていただけるひとときになりますよう願っています。


写真は
Kazuma Fujimoto, Shikou Ito『Wavenir』
Akira Uchida『OTOTSURE』


協力 : JAZZ茶房 靑猫、やなか音楽ホール、姫路文学館、Argyle Design ltd、Inpartmaint Inc. 、NRT
ツアー企画・主催:hummock label

Friday, February 2, 2018

Calendar of February


1月もどうもありがとうございました。2月も目に見えるモノのほか、香味や音楽の響きに気持ちを寄せる寛ぎの場に、どうぞお待ちしています。


チョコレートに相性の良い2種ブレンド豆のコーヒーと、アルゼンチン旅での買付けオーガニック赤砂糖とSabadiチョコレートを用いた 〈Valentine's Blended Coffee & Chocolate Gift Box〉、日頃の感謝の気持ちを込めて2月中旬までご用意いたします(WEBSHOPは2/5~15まで注文受付)。
.
お食事には、相生沖播磨灘の牡蠣を用いたメニューが昼と夕に加わり、姫路野菜との相性もよく冬の旨みをぜひどうぞ。


2月は催しなどなく通常営業(9:00-15:00/16:00-19:00)しています。
ご来店お待ちしています。

店休日
2/5(月)6(火)13(火)20(火)26(月)27(火)

※12(月・祝)19(月)は営業します

皆さま、寒さ厳しい折どうぞご自愛ください。


【HUMMOCK Cafe】
Morning 9:00~12:00 (L.O.11:00)
Afternoon 12:00~15:00 (L.O.14:00)
15時~16時準備Close
Evening 16:00~19:00 (L.O.18:00)
兵庫県姫路市的形町的形 磯1864
TEL 079-254-1400


Wednesday, January 24, 2018

Information 20180124


27日(土)は17時から貸切りご予約をいただいています。
17時までは通常通りご利用お待ちしています。

寒さ深まる一週間ですね。みなさんお身体ご自愛くださいませ。




Tuesday, January 16, 2018

Information of Carlos Aguirre Live in Himeji



カルロス・アギーレ・ジャパンツアー初日、東京公演へ行ってきました。
心の平穏を呼び戻す美しい演奏。観客への感謝の気持ちを込めた最後のインプロヴゼイションの残響が会場を潤うように渡っていました。
自分たちがアギーレさんのことを初めて知ったきっかけは、2009年末から東京で始まった「カルロス・アギーレの描く音像風景と共鳴する、世界の美しい音楽を集めて紹介する選曲会”bar buenos aires”」でした。話せば長くなるので割愛させていただきますが、以来アルゼンチンに傾倒するようにもなりました。そんないまのハンモックカフェの音楽的ルーツともいえる熱い時期のことが蘇り、アギーレさんの6年ぶりとなる再来日公演を客席で観れたことは感慨深かったです。開演前にご厚意により少しアギーレさんと対面をさせていただき言葉を交わすことができました(インパートメント稲葉さん、モノクロ写真撮影の Takeshi Yoshimura / Hummingbird coffeeさん、感謝いたします)。その会場には各地からアギーレさんの音楽を介して出逢った顔なじみの方々との再会もあり、月日が経っても変わらず大切にしたいものをあらためて感じた夜になりました。


姫路公演もいよいよ今週1/19(金)。素晴らしい公演になるようスタッフとして頑張ります。また過去の開催から鑑みましてご来場者様へ数点おねがいと、いくつか当日の詳細についてお問合せもいただいた事柄について、まとめてご案内をさせていただきます。


■当日料理について。開場時間18:30から開演19:30までの間に、アルゼンチンの旅で感じた自家製料理を数種類ご用意いたします。数に限りがございますのでお早目にどうぞ。
ドリンクは、当日限定ブレンドの自家焙煎コーヒーや自家製ジュース、Uf-fu"winter blend" の他、ナチュールワインを予定しています。
テーブル付のディナーショースタイルではなくカジュアルなキャッシュオンスタイルにて、味わいもお愉しみいただけますと幸いです。

■HUMMOCK Cafeはとても小さな会場です。強い香水や衣服柔軟剤などによる過度な香料は満席状態の空間では他のお客様にご迷惑になる場合もございます。本公演は店内キャパいっぱいのため、ぜひナチュラルにおいでくださいますよう、ご協力お願いいたします。

■帽子着用の方は、後ろから観るお客様にとって観づらい場合がございますので演奏中に限り脱帽をお願いいたします。

■初めてHUMMOCK Cafe へお越しの方へ。弊店はとても分かりにくい場所にございます。カーナビでは誤った道を案内してしまうことがあるようですので、あらかじめ位置の下調べをお願いいたします。googleマップのナビの方が正確に案内してくれます。→

■駐車場について。なるべく乗合いもしくは公共の交通機関*をお願いしています。駐車場が満車になり次第、会場南方の下図の赤部分に駐車お願いいたします。またご不明なことがありましたら当日受付スタッフにお尋ねくださいませ。
(*山陽電車 的形駅から徒歩約20分、大塩駅からタクシーで約10分)


■カルロス・アギーレ作品の販売について。最新作カルロス・アギーレ・トリオ『Calma(カルマ)』と、これまで稀少なアルゼンチン盤でなかなか多くの方にお聴きいただくことが少なくなっていたカルロス・アギーレ・グルーポ『Rojo(ロホ)』『Violeta(ヴィオレータ))』の日本盤リイシューが限定発売にてお求めいただけます。グルーポ作品の原点ともいえる『Crema(クレーマ)』もお選びいただけます。

自然への愛情と人間的な優しさを
美しい旋律と言葉で描く
音楽の詩人カルロス・アギーレ。

故郷のリトラル地方の作曲家の作品を取り上げ、ピアノ弾き語りで新たな息吹をもたらす「ラ・ムジカ・デル・アグア(水辺の音楽)」ツアー
Carlos Aguirre Japan Tour 2018 in Himeji「La musica del agua」

ご予約の皆さま、どうぞご来場お待ちしています。

Thursday, January 11, 2018

Inspiración de Argentina


Trip to Argentina 2017
2017/11/29~12/12
アルゼンチン旅では現在の食の傾向も味わってきました。訪れたマーケットではその味が連想できる食材の数々に長居してしまうほど。ブレンドされたスパイスも買い付け、ただいま HUMMOCK Cafeでの食事メニューにひと皿加えています。
*1/10(水)~ 〈アルボンディガス Albondigas〉昼11時~と夕方16時~のアラカルトにて。
姫路有機野菜を中心にミートボール状の素材は肉や魚介になり、日によって異なります。


*今週は少々変更ございます。
1/12(金) 臨時休業
1/13(土) 営業時間変更 13:00-19:00
ご迷惑おかけ致しますが どうぞよろしくお願いします。



Tuesday, January 9, 2018

Trip to Argentina 2017


Trip to Argentina 2017
2017/11/29~12/12
5年ぶり3回目になるアルゼンチンへの旅。
音楽に関する紀行文をまとめました。
hummock label としての今後の活動や、現地のライヴ事情、音楽家・写真家を訪ねて。
久しぶりにレーベルブログを更新しました。
綴るうちに約10000字になりましたのでお時間ある時にでも....

Thursday, January 4, 2018

Calendar of January


<1月のお知らせ>

15(月) 22(月)&火曜定休日
8(月・祝日)、29(月) 通常営業

12(金) 臨時休業
13(土) 、20(土) 営業時間変更 13:00-19:00
18(木) 営業時間変更 9:00-15:00
19(金) Carlos Aguirre 姫路公演(通常営業はございません)




年始2日間の営業には、新年のあいさつをさせていただいたり、お顔をお目にかかり、とてもありがたい思いでした。的形の天候も穏やかなお正月で、お日様が水面を照らし輝く景色や、暮れなずむ夕空を眺めながら落ち着いた時間をお過ごしいただけたようでした。ありがとうございました。
あす5日(金)より、通常営業になり食事メニューも始めます。コーヒー&季節ケーキのカフェご利用もお気軽に。いつものように朝食から、どうぞお待ちしています。

【HUMMOCK Cafe】
Morning 9:00~12:00 (L.O.11:00)
Afternoon 12:00~15:00 (L.O.14:00)
15時~16時準備Close
Evening 16:00~19:00 (L.O.18:00)
兵庫県姫路市的形町的形 磯1864
TEL 079-254-1400
ご予約承ります。



Monday, January 1, 2018

Wish you a Happy New Year 2018


新年あけましておめでとうございます。

昨年は皆さまに様々な場面でご支援、ご愛顧いただき、本当にありがとうございました。
新年初営業は1/3(水)12時より開店となり、通常の焙煎コーヒー豆に加えて、昨年12月アルゼンチンに旅した際に出会ったコーヒー豆もご提供いたします。1/4(木)19時までの二日間限定。

1/5(金)からお食事を含む通常営業とさせていただきます。(昨年最終営業日大晦日には多くのご利用をいただき、感謝の思いと共に新たな仕込み作業にお日にちを頂戴いたします)

   *   
1/3(水)12:00-19:00 カフェのみの営業 /コーヒー豆・音楽CDのお買い物
1/4(木)9:00-19:00 カフェのみの営業 /コーヒー豆・音楽CDのお買い物
1/5(金)9:00-15:00 / 16:00-19:00 通常営業
   *     
1月の営業カレンダーは近日ご案内させていただきます。





写真は昨年アルゼンチンへ旅した記録から(お店には撮影許可をいただいています)。
2018年も、心象風景と重なる音楽や心に沁みる食をお伝えできるよう、これからも精進してまいりたいです。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年  元日

Monday, December 25, 2017

蒜山〇餅


岡山の県北に位置する真庭市蒜山。
いわゆる観光地ではない、昔ながらの集落が点在し、空気が澄んだ中国山地の高原。その桃源郷のような場所にて自然栽培で農業を営む夫婦がいらっしゃいます。

"蒜山耕藝"
「自然に逆らわず、自然と調和して生きていくこと」を意味とする屋号に込められた想いは、作物に綿々と愛情が注がれています。そんな蒜山耕藝の高谷ご夫妻が毎年作られている『蒜山○餅』をHUMMOCK Cafe で販売させていただくことができました。

自然栽培で育てられた もち米 を蒜山の湧き水で炊き上げ、加水せず捏ねられた『蒜山○餅』。そのため一般流通されている餅とは米感がことなります。焼きもちにすれば表面は おかき のようにパリッと、お吸い物ではもちもち感がずっと残ります。

※蒜山耕藝さんの詳細はこちら
 http://hiruzenkougei.com/3966

HUMMOCK Cafe 店頭とウェブショップにて販売しています。完売御礼
https://hummock.thebase.in/
年内発送可能の受付12/29(金)まで
年始1/3(金)より通常通り

味わい深く大変おすすめです。


Tuesday, December 19, 2017

Winter Blend Coffee


冬のブレンドコーヒー "INVIERNO"、大変おまたせしました。
暖炉 や ストーヴの灯りを思い描き、ほのかにスパイシーで心安らぐ、冬のオリジナルブレンド『インヴィエルノ』。コロンビア、グァテマラ、ブラジルを中心に、普段と異なる焙煎プロファイルで深煎りに仕上げました。直火式焙煎機による香ばしく甘やかな香味をどうぞ。

◎期間 12/20~2月上旬頃まで

ケーキセット900円 / 豆100g 500円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎お持ち帰り焼き菓子~Winter”Noel”クグロフ 500円
数種フルーツとUf-fu(ウーフ)ティリーフを加えたスパイス香るクグロフです。(写真は試作時のため、見た目少し異なります)

◎期間 12/20~年始営業まで

今年も残りわずかとなり、ご挨拶を交わすことが増えてきました。みなさん健やかな冬をお過ごしいただけますように❄
営業時間
9:00~15:00 /16:00~19:00
ご予約承ります
Tel 079-254-1400





Wednesday, November 22, 2017

Calendar of December


【12月のおしらせ】
毎週 月曜・火曜定休日

1(金)~15(金)まで焙煎人店主が研修不在となり、一部メニュー変更させていただく場合がございます(営業時間などは通常通り)

14(木)昼は貸切り営業(朝と夕はご利用お待ちしています)

【昼の部】未就学児・お子さまもご参加していただけます
【夜の部】の二部構成になり、ただいまご予約受付中です
☆テーブル付き指定席・予約制の食事&演奏会

24(日)25(月)〈聖なる夜喫茶〉16:00~22:00
コーヒー/Uf-fuティ/ナチュールワイン+ケーキ+軽食の夜営業(21:00 L.O)

2017.年内 12/31(日)まで通常営業
2018.年始 1/3(水)12:00より初営業

※ご予約承ります
TEL 079-254-1400(9時~19時受付)


的形の沿岸ではノジギクが見ごろを迎えています。
最近急に冷え込んできましたね。
ストーヴを灯し店内あたたかく皆さまのご来店もお待ちしております。
体調崩さぬようお元気で、よい冬をお過ごしください。



Thursday, November 16, 2017

2017.12.23.sat. "small appetite" vol.10 winter

【Report】
small appetite へご来場下さった皆さまありがとうございました。
音楽性そのままの純真で瑞々しい音色、聴く者を素直な気持ちへと導くかのように音を奏でられていました。HUMMOCK Cafeとして今年最後の演奏会となり、個人的にもひととの出会いから様々なことを振り返るような一日になった気がしています。
「Watersaide / Kazunori Sugama,Mayu Gonto」作品から装花のセレクトをしていただいたFlower shop ririnono林麗子さんにもお世話になり、ありがとうございました。

”small appetite”(小さなたのしみ) の企画開催をはじめてちょうど2年が経ち、当初の想いに立ち返り 第10回目、生演奏の音楽と食と空間でささやかなおもてなしの一日になったかと感じています。次回”small appetite”開催は未定ですが、また日頃の営業や生活、ハンモックレーベルのことを大切にしながら、自然な出会いがあったときに様々な方の力をお借りして開催したいと思っています。ありがとうございました。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








ささやかな季節料理と演奏会”small appetiteスモール アペタイト”第10回は、ギタリスト 菅間一徳さんと 鍵盤奏者 権頭真由さんをお迎えいたします。

2017年を振り返って、よくBGMに聴いた音楽のひとつがおふたりの作品『Waterside』でした。菅間さん曰く、「誰が耳を傾けなくても と、弾きださずにいられなかった、音でしたから...」と、譜面もなく自然発生的にうまれた、権頭さんとの録音。その音の先に広がる風景は先入観がなく自由なやさしさに満ちています。それは、小さな音の響きを大切にした余白のなかに、聴く人と確かな出会いとして心に刻まれる生活に寄り添う音楽のように感じます。演奏前後は”small appetite”のスタイル、西宮・苦楽園口のフラワーショップririnono 林麗子さんがセレクトされた季節の花をロングテーブルにしつらえ、その日の音楽と寄り添う季節の食事と珈琲をご提供いたします。いつか西日本で演奏をしていただく機会がもてたらと思っていた念願の演奏会。今年の最後を締めくくる優しい音色に包まれることでしょう。

”small appetite” vol.10 winter

出演 | 菅間一徳(classical , 12 strings guitar),権頭真由(piano)
日程 | 12月23日(土・祝)
時間 | 昼の部12:00~15:00頃/夜の部18:00~21:00頃
料金 | 共に 5,000円(演奏+季節の食事と珈琲と菓子)
場所 | HUMMOCK Cafe姫路市的形町的形1864


◎ご予約・問合せ◎
12/22現在
昼の部 キャンセルがでたため1組2名様承ります
夜の部 もう少しお席をご用意できます
MAIL ticket.info.hummock@gmail.com
TEL 079-254-1400
※公演名・【昼の部】or【夜の部】・お名前・人数・連絡先をお伝えください
※テーブル付 指定席・予約制
※【昼の部】は、未就学児を含むお子さまもご参加承ります


菅間一徳
classical , 12 strings guitar
幼少より母のミシン音の後ろに流れる simon & garfunkel を聴き育つ。その美しさ、旋律が確かに描いた景色に、すいこまれるように10歳の頃ギターをはじめる。ソロを中心に「sui sai」他、様々な領域の表現との共演をおこなう。岩を縫って流れる水のように── そんなふうに弾きだされる音像の数々が自らが、いつか母のミシン音の向こうに見た景色のようであればと願っている。


権頭真由
piano , toy piano
アコーディオン、ピアノ、うた。東京生まれ。音楽を通して世界と対話し、あらゆる美しさに花を添える。「表現(Hyogen)」、「3日満月」、「momo椿*」などで作曲、演奏活動を行う他、インバル・ピント&アブシャロム・ポラックダンスカンパニー作品『WALLFLOWER』などの舞台音楽、映画音楽などの分野でも活動。国際的なコラボレーションも多い。子どもたちと作る音楽サーカス「音のてらこや」を主催。
2017年、満島ひかり出演 百鬼オペラ『羅生門』の舞台音楽に参加。








Saturday, October 28, 2017

Calendar of November




【11月のおしらせ】
基本的に毎週 月曜・火曜定休日ですが、20(月)は通常営業いたします

雨と休日さん監修CD『Lunchtime Jazz』とコラボレートした限定ランチプレートご提供しています "Lunchtime Jazz Plate" 期間:10/25~11/5 (10/31-11/1は除く)

1(水) Henning Schmiedt Live ご予約営業(満員御礼)
2(木) 12:00より通常営業
10(金) 11(土)貸切り営業
15(水) 臨時休業
22(水) Diego Schissi with Satoshi Kitamura Live ご予約受付中
23(木・祝) 12:00より通常営業



先日発売された『姫路本』(エイ出版社)に地場産業や観光スポット、たくさんのお店の中に加わり弊店も掲載いただきました。「音楽を軸に珈琲と料理、人がつながる」と取材でお話ししたことをまとめてくださいました。よろしければどうぞご覧ください。


【HUMMOCK Cafe】
Morning 9:00~12:00 (L.O.11:00)
Afternoon 12:00~15:00 (L.O.14:00)
15時~16時準備Close
Evening 16:00~19:00 (L.O.18:00)
兵庫県姫路市的形町的形 磯1864
TEL 079-254-1400
ご予約承ります。
いつもご愛顧いただきありがとうございます。

Tuesday, October 24, 2017

Lunchtime Jazz Plate


10月は秋祭りがあったり、今年も地元の中村水産車海老を使ったメニュー(現在は生パスタにて)を始めていたり、つい先日は台風が通過したりと、日々の時間の速さのなかにもふとした美しさに気付くゆとりを心がけたいと感じています。
そんななか私達の周りには、BGMにかけているような音楽が好きでもなかなか演奏会へと参加できないご事情を抱える方々がいらっしゃり、それぞれに合った音楽の楽しみ方をご提案させていただく意味でも音楽CDの取扱いもしています。
今週はHUMMOCK Cafeが制作に一部協力させていただいた軽快なジャズコンピレーションCDが新入荷しています。この作品はランチタイムを明るく軽やかにしてくれるような選曲を「雨と休日」さんが監修した良質音楽集『Lunchtime Jazz』です(収録内容や試聴は「雨と休日」さんのサイトをご覧ください)。

そして、このCDとコラボレートした限定ランチプレートも、下記の10日間にご用意いたします。おひとり様から、2名様、グループでのお集まりの場にもどうぞお待ちしています。
=============================
《期間:2017/10/25~11/5 (10/31-11/1は除く)》
オーダー:11:00~14:30
=============================
”Lunchtime Jazz Plate”
神山鶏のコンフィと青林檎のソース
季節野菜とパン
Uf-fuティ
CD『V.A. / Lunchtime Jazz』
ノベルティ特製コースター 
掲載と同じナフキン
3500円(税込)
* *
(ナチュールワインやデザートケーキとコーヒーなど通常メニューもご用意しています)
"Lunchtime Jazz Plate"メニューに寄せて。
岡山県北の「蒜山耕藝」さんのご縁で一般流通されない規格外の青りんご/未熟りんごを分けていただきました。自分たちは作物生産の経験はないのですが、日々自然と向き合う生産者さんと交流し気持ちに寄り添うことで、気付きをいただけるような感覚です。この素材も生かせていけたらと触れ味見をしながら、メインの神山鶏と合うりんごのソースが出来あがりました。
皆さんにお召し上がりいただくことによって、収益の一部をこのりんごの作り手さんへ還元したいと思います。明るく軽やかな音楽集をBGMに、一歩ずつ前向きに進めたらという気持ちを込めて。


Thursday, October 12, 2017

2017.11.22.wed. Diego Schissi with Satoshi Kitamra Japan Tour 2017 in Himeji

【Report】
Diego Schissi with Satoshi Kitamura 姫路公演ご来場くださった皆さま、ツアー製作・企画元NRTの成田さん、ありがとうございました。鳴り止まない拍手にダブルアンコールがすべてを物語っていた本当に素晴らしいライヴでした。
.
彼の名作アルバム『tongos』の由来を聞くとtangoの窮屈なジャンルに広がりをもたせるように生まれた彼なりの造語らしく、「君の音楽はタンゴじゃないよね」と指摘された時に「僕の音楽はトンゴだよ」とユーモアで答えているようです。そんなディエゴさんは時にみんなを和ませる存在の気がして、ずっと笑顔で話してくれました。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



現代アルゼンチン最高峰のピアニスト/作曲家、ディエゴ・スキッシの初来日ツアーが決定。タンゴの伝統とジャズの革新、現代音楽風サウンドスケープが同居する「ポスト・ピアソラ」最先鋭。東京の器楽系シーンで注目を集めるバンドネオン奏者、北村聡をゲストに迎えたスペシャルな3公演(岡山ー姫路ー東京)。

ヨーロッパからの移民由来の叙情的な旋律、アフリカ由来のリズミカルな打楽器的タッチ、北米由来のジャズ要素を持ち合わせたディエゴ・スキッシは、異文化が交錯する世界のどこでもないブエノスアイレスという街で生まれた都会音楽注目の作曲家/ピアニストです。
来日を望まれていた初の日本公演はピアノソロと、ディエゴ自身が彼のために曲を書くほどの盟友、バンドネオン奏者 北村聡 氏を迎えての構成。皆さまとともに生で体験できることを光栄に思います。姫路公演はただ今ご予約受付中です。

Diego Schissi with Satoshi Kitamra
Japan Tour 2017 in Himeji

出演 | ディエゴ・スキッシ(piano),北村聡(bandoneon)
日程 | 2017年11月22日(水)
時間 | 開場18:30/開演19:30
会場 | HUMMOCK Cafe 姫路市的形町的形1864
料金 | 予約4,500円/当日5,000円(1ドリンク別途)
※ご来場先着順自由席
※40席限定
※当日限定料理も予定しています

◎ご予約先◎(当日席ご用意できます)
HUMMOCK Cafe店頭 または MAIL ticket.info.hummock@gmail.com
※公演名・お名前・人数・連絡先を明記いただき送信。返信メールにて受付完了となります

◎問合せ先◎
TEL 079-254-1400(定休日・臨時休業日を除く9:00~19:00)



ディエゴ・スキッシDiego Schissi (piano)
from Argentina
www.diegoschissiquinteto.com

1969年ブエノスアイレス生まれのピアニスト、作編曲家。自身が率いる五重奏での活動をメインに、タンゴの伝統とジャズのイノヴェーション、現代音楽風サウンドスケープまでを同居させ、新世代タンゴの最も先鋭的な作り手としての評価を確立。12年作『Tipas y Tipos』、16年作『Timba』はともに、この国の最も権威ある音楽賞<ガルデル賞>を受賞、いまやポスト<アストル・ピアソラ>の呼び声も高い。モダン・アルゼンチン・フォルクローレの代表的グループ、アカ・セカ・トリオとの共演作『Hermanos』もリリースするなど、その音楽はもはやタンゴの枠に収まらない。ソロイストとしても、ステファノ・ボラーニやジャキス・モレレンバウムなど、世界的演奏家との共演を展開している。



11/20追記 ライヴ当日の開演前にて
エンパナーダ、車海老のサラダ、アルファホールの限定プレートご用意します


* * * * *


北村聡 (Bandoneon)
奈良県出身。関西大学在学中にバンドネオンに出会い、小松亮太に師事。アルゼンチンではフリオ・パネのレッスンを受け、オルケスタ・エスクエラ・デル・タンゴで学ぶ。03年バンドネオンの最高峰、レオポルド・フェデリコのジャパンツアーに参加。07年バルパライソで行われた世界タンゴサミット、またミゲル・バルベーロ氏のセステートに日本より招集され、モントリオール国際タンゴフェスティバルに出演。10年オルケスタ・アウロラでブエノスアイレス、モンテビデオのタンゴフェスティバルに出演、好評を博す。11年元ピアソラ五重奏団ピアニスト、パブロ・シーグレルのアジアチームに選抜され、国内はもとよりシンガポールのモザイクミュージックフェスティバル、ジャカルタ国際タンゴフェスティバルでも演奏、成功を収めている。これまでに、鈴木理恵子、店村真積、荘村清志、須川展也、ユンソン、鈴木大介、大萩康司、菊地成孔、川井郁子、夏木マリ、金子飛鳥、中島ノブユキ、カルロス・アギーレ、ビクトル・ラバジェン、いずみシンフォニエッタ大阪、仙台フィル、奈良フィル等と共演。NHK「龍馬伝」、「カーネーション」、「八重の桜」はじめ様々なレコーディングに参加、美しい音色と繊細な表現には定評がある。現在、小松亮太ユニット、オルケスタ・アウロラ、クアトロシエントス、パブロ・シーグレルTJTE、西塔祐三&オルケスタティピカ・パンパ等で活動している。






ツアー主催・制作:NRT(maritmo株式会社)
協力:アルゼンチン大使館ほか
姫路公演主催:HUMMOCK Cafe